32歳主婦が未経験者からWebデザイナーになった方法

結論から言うと「スクールに通いながら独学でもスキルアップを図りつつ転職活動を行った」これが彼女が未経験でもWebデザイナーになれた方法です。

30代でWebデザイナーに就職するのは不可能ではないものの、未経験ではかなり難しいのが現状です。Webデザイナーに限った話ではありませんが、あなたが申し込んだ求人に同レベルの20代が申し込んでいた場合、30代よりも成長の余地があり吸収の早そうな20代が選ばれるからです。

そうでなくともWeb業界は20代〜30代が特に多く、平均年齢が若い業界です。学生なら独学でマイペースに勉強するのも良いですが、30代ともなれば1つ歳を取る毎にWebデザイナーへ転職できるハードルはぐっと上がることでしょう。

実践的なスキルを効率よく最短で身につけるためにはスクールに行くのが得策です。実際、私の知り合いにも未経験でスクールに通って32歳でWebデザイナーに転職した女性がいるので、彼女が実践したことを紹介します。

32歳主婦がWebデザイナーになるためにやったこと

まずは独学で勉強

最初からスクールに通おうと思っていたわけではありません。本とネットを見ながらHTMLとCSSについて独学で習得しようと思っていたのです。ちなみにこの時に持っていたツールは、ノートPCとPhotoshopエレメンツのみで、Illustratorは持っていませんでした。

関連記事「独学でWebデザイナーの勉強をしたい初心者におすすめの本

スクールに通うことを決意する

働きながら独学でWebデザインの勉強に励む彼女。本を参考にサンプルサイト程度なら作ることはできましたが、オリジナルのサイトを一から作ろうと思った際、分からないことやうまくいかない事が色々発生し、このままでは時間だけが刻々とすぎてしまうと感じていました。

そして彼女は潔くスクールに通うことを決意したのです。独学を始める時に「2〜3ヶ月間やってみて習得に時間がかかりそうだったらスクールに通う」と最初から考えていたのです。

独学が無理そうなら早めにスクールに切り替える。

社会人の彼女が、1年でも1ヶ月でも早くWebデザイナーになろうという目標があったからこそ出来た決断です。

関連記事「オンラインでWebデザインが学べるスクール&学習サイト7選

スクールに通い始める

受講料は決して安くはありませんが、「必ずWebデザイナーになる!」という強い意志が彼女にはあったので、家族とも相談して将来の自分に投資することにしました(彼女には旦那さんの他に小学生のお子さんがいます)。

スクールに通うことで、Adobeのグラフィックツール最新版を学割で手に入れ、相談できる相手=先生ができたことは大きなメリットでした。

オリジナルサイトを制作する

独学では挫折してしまったオリジナルサイト作りも、スクールで先生に質問を繰り返すことにより、完成させることができました。「今みるとすごくダサい。だけどそれでもすごい達成感があった」と教えてくれた彼女。

大変なことも多いけれど早くWebデザイナーになりたいと改めて思ったそうです。

知り合いのツテでバナーを制作する仕事を貰い、実績を作る

スクールに通いスキルが上がってきた彼女は、とあるWebサイトのバナー作成の仕事を知り合いから請け負っていたといいます。

日頃から周りに「Webデザイナーとして転職したい、家で仕事ができるようになりたい」と言っていた彼女は、スクールに通い始めたことも周りに伝え、自分が作ったサイトを見せていたといいます。それを見た知り合いから、「ここまで出来るならうちの仕事も頼みたい」と彼女に依頼があったそうです。

いつかフリーのWebデザイナーになりたいと思う人はたくさんいても、Webデザイナーになる前から自分を売り込むことは中々できません。

ちなみに彼女はWebデザイナーに転職出来た今も、時間がある時はこの仕事を受けているそうです。

ポートフォリオサイトをWordpressで制作

転職活動のために、自分が作ったいくつかのオリジナルサイトと、知り合いから仕事を請け負って作ってきたバナーをまとめたポートフォリオサイトをWordpressで作ることにしました。

目的はWordpressのしくみや基本操作を知ることだったので、一から作ったのではなく、元々ある無料のテーマを自分なりにカスタマイズして作ったといいます。

一から作ってはいなくとも、「Wordpressを扱える、編集できる」というスキルはそれだけで転職先が広がるので、多少なりとも有利になったといえるでしょう。

転職エージェントや転職サイトに応募する

Webデザイナーとして働くための最低限のスキルとWordpressの知識を得た彼女は、本格的に転職活動をスタートしました。転職エージェントに登録したり、転職サイトから気になる企業を見つけては応募を重ねていたといいます。

転職エージェントの中でもWORKPORTは特に未経験者からの評判が良く人気です。何故ならここは、未経験者の転職にも力を入れているからです。

この時は是非と思える企業には出会えなかったそうですが、親身になって相談に乗ってくれたり未経験でも紹介される案件に出会えたので、行って良かったと言っていました。

関連記事「転職エージェントを使って賢く就活!Web系におすすめの転職エージェント
関連記事「転職エージェントはWebデザイナー未経験者も使うべき!その理由とメリット

派遣に登録する

正社員での応募だけでは、中々仕事が決まらなかったため、派遣でもWebデザイナーの仕事を探すことにしました。最初は、「Webデザイナーの派遣は経験者じゃないと務まらないのでは」という不安と、「できれば安定した正社員に就きたい」という理由から、派遣は考えていなかったといいます。

しかしスクールの先生から、ある程度のスキルがあれば受け入れてくれる企業もいること、例え満期の3年で契約終了になったとしてもその後フリーで活躍できるくらいのスキルを働いている間に積んでフリーになれば良い、就職の幅を広げるためにも派遣でも探してみてはどうかとアドバイスを貰いました。

彼女は将来的に家で仕事をしたかったので、派遣でも探すことを決意し、大手の派遣会社と、Web系に特化した派遣会社にそれぞれ複数登録しました。

これが彼女の転機になりました。

関連記事「派遣はWebデザイナー未経験でも仕事が決まりやすいって知ってた?

派遣で就職先が決定!

派遣会社のサイトから仕事を探していた彼女は、気になる会社を見つけました。そこで派遣会社に赴き派遣先のコーディネーターに相談することにしたのです。仕事に対しての希望を伝え、ポートフォリオサイトと紙に印刷したデータをファイルにして見せたところ、彼女のスキルなら気になっている会社に推薦できると言われたのです。

そしてなんと、その会社にWebデザイナーとしての採用が決定!

応募した1社目で、晴れて32歳未経験にして、Webデザイナーの職に就くことができたのです。Webデザインの勉強を初めて約1年後のことでした。

最初に彼女は私の知り合いと書きましたが、実は同じ時期に入社した同僚です。彼女の口から32歳未経験でWebデザイナーとして入社してきたと聞いた時は本当に驚きました。

関連記事「登録しておきたいWebデザイナーにおすすめの派遣サイト

彼女が約1年でWebデザイナーになれたポイント

  • 独学に早めに見切りをつけてスクールに通った
  • オリジナルのサイトを一から作り、周りに見せた
  • 実際に知り合いから仕事を貰い、バナー作成の実績を作った
  • ポートフォリオサイトを作った
  • WordPressとレシポンシブWebデザインに対応できるスキルを学んだ
  • 正社員以外に派遣でも仕事を探した
  • 1年でも1ヶ月でも早くWebデザイナーになろうという強い意思があった

最後に書いた「1年でも1ヶ月でも早くWebデザイナーになろうという強い意思があった」からこそ、約1年という短期間で彼女はWebデザイナーになれたのだと思います。実際、彼女も「1年」でWebデザイナーになることを目安にしていたといいます。

30代は20代と違って即戦力が求められる人が多いため、いかに即戦力になれるかをアピールすることが重要です。彼女の場合は、一からサイトを作成できるスキルに、WordpressやレシポンシブWebデザインやに対応できる応用力、加えて知り合いとはいえ実際にバナー作成の仕事を貰って少なからず経験があったことが採用の決め手になったようです。

ちなみに採用後はWordpressのサイトを担当し、Webデザインからコーディング、レシポンシブWebデザインの対応を任されていて、今でもその会社で働いています。

30歳を過ぎてからWebデザイナーを目指すなら

あなたも彼女のように30歳を過ぎてからWebデザイナーになりたいと思っているのなら、期間を決めて目標に向かって勉強してみてください。スクールは決して安くはありませんが、将来への「投資」と考えれば悪くない選択です。お金を払っている分、本気で頑張ろうという気持ちにもなれるでしょう。

また、派遣ですが「年齢」が派遣先に提示されず「非公開」となるので、30代という年齢がネックになっている人は派遣での転職も視野を入れてみることをオススメします。彼女のようにある程度のスキルがあれば、仕事先が見つかるはずです。

雇用形態は正社員にこだわらず、派遣でも契約社員でも幅広く探しみることが1日でも早くWebデザイナーにつくための転機に繋がるでしょう。

最後に

この話を聞かせてくれた当時32歳主婦だったさくらさん(仮名)より一言!

本気でWebデザイナーになろうと思ってから約1年でWebデザイナーになれたのは、本当に家族の助けがあったこそです。仕事以外に家では家事洗濯とやることが多い中、家族ができることは協力してくれ私の転職も応援してくれました。

30代からのWebデザイナーの転職は難しいですが、私でも就職することができたので不可能ではありません。派遣の年齢が「非公開」なのも助かりました。(笑)

最低限必要なスキルさえ身につければ迎えてくださる企業はいると思うので、くじけず頑張ってみてください。

さくらさんありがとうございました〜!またお話聞かせてください〜!

関連記事

会社を辞めたい…Webデザイナーの私が転職を考えた時にやった4つのこと

未経験からWebデザイナーになるなら、敷居が低いアルバイトスタートがおすすめ

未経験からWebデザイナーになるなら、敷居が低いアルバイトスタートがおすすめ

未経験でWebデザイナーになったものの実質クビでマーケに転職した話

職業訓練でWebデザイナーになれなかった私がやれば良かったと思った3つの事

30歳から未経験でWebデザイナーデビューした私がやったこと