未経験からWebデザイナーになるなら、敷居が低いアルバイトスタートがおすすめ

未経験からWebデザイナーになるなら、敷居が低いアルバイトスタートがおすすめ

アルバイトからWebデザイナーになり、現在はWebディレクターとして働く元同僚のMちゃんに、未経験からWebデザイナーになった方法を聞きました。

私が未経験からアルバイトに受かった方法

正直な話、これと言って何もしていません…!

未経験から正社員になれる難易度が★5とすると、アルバイトは★1なくらいハードルが低いんです。

ただ、私は元々デザインの専門学校に行っていました(イラストレーター寄りですが)。日記状態に近かかったですが、作品を少し載せていたブログも一応持っていたので、それを履歴書に貼って応募しました。

それで受かり、25歳の時に時給1,000円のアルバイトからWebデザイナーのアシスタントとしてスタートしたのですが、本当に初心者レベルの知識とスキルだけで合格できたと思います。

当時の状況と私のスペック

当時の状況

社会人になって最初に入社した会社を退職後、半年ほどニート生活を送った後に、「Webデザイナーになりたい」と思い募集のあった企業に応募しました。最初は正社員狙いでいくつか応募していたものの、見事に玉砕…軽い気持ちで応募していたので甘かったです。

それでもやはり落ちまくるのは精神的にくるものがあります。就活に疲れ果て、正社員を諦めてアルバイト狙いで応募してたみたところ、難なく1社目でOK。ハードルの低さに驚いたのには今でも覚えています。

当時のスペック

・PhotoshopとIllustratorの基本操作ができる
・WordPressの基本操作とカスタマイズが少しできる
・過去にはドメインを取得して自分のサイトを作って立ち上げたことがある

これはほぼ趣味でやっていたイラスト制作の延長戦でできるようになっていたのですが、Webデザインにも活かせる結果になりました。

未経験でも受かった理由

1.アルバイトに即戦力を求めていない

アルバイトは即戦力を求められる正社員とは違い、会社側が「今多忙だから、サポートしてくれる人をアルバイトで良いから欲しい」「低賃金でこれから会社の戦力になる人を育てたい」という気持ちがあって募集をかけています。

そのため、Webデザインに関係するPhotoshopやIllustratorといったグラッフィクツールの基本操作と、cssやhtmlの基礎知識があれば受かる可能性がとても高いんです。

中には、知識やスキルがほとんどなく「興味とこれから勉強していこうという強い向上心がある」というだけでアルバイトに受かる人もいます。

それほど、会社側が求めるレベルが様々で、万が一アルバイトの応募で落ちてしまった場合でも、他の会社になら受かる可能性が正社員よりかは遥かに高いです。

2.年齢が20代半ばだった

応募前は「20代半ばでアルバイトとかどうなんだろ…」と思っていましたが、安心してください、そんな人はけっこういます。むしろまだ若い方です!

年齢を気にしている方がいれば、20代の半ば頃までは全然問題なく、28歳くらいになるとぎりぎり微妙と言えます。

Web関係の会社は勤めている人の平均年齢が低くみんな若いため、私がアルバイトで入社したところの部署のリーダーもまだ28歳とあまり年齢が変わりませんでした。

28歳以上でアルバイトに受からないなら、年齢がネックになっている可能性が高いので、年齢が「非公開」になる派遣でも仕事を探しみることをおすすめします。

都心だと派遣でも正社員に近いスキルを求められたりしますが、地方だとそこまでハードルは高くなかったりします。

バイト先を探す方法

1.求人サイトで探す

・タウンワーク
・バイトル
・フロムエー

などのアルバイト求人サイトから探す方法で、「正社員登用有り」の会社も中にはあります。いずれは正社員を狙いたい場合は「正社員登用有り」の会社を中心に応募してみましょう!

2.ハローワークで探す

公共職業安定所ことハローワークの求人でWebデザインを募集していることがあります。今はWebサイトでも検索できるので、求人サイトで見つからなかった人は要チェックです!

3.クラウドソージングで探す

バイト先ではありませんが、在宅でのバイトとしてクラウドソージングがあります。

クラウドソージングは近年、副業で稼げるシステムとして人気を集めているサービスなのですが、Web制作からデザイン、ロゴ作成、システム開発やライター業まで様々な仕事を、素人の方から企業の方までが募集しているサービスなんです。

代表的なところを少し紹介すると、

・クラウドワークス
・ランサーズ
・ココナラ

などがあり、就職先が見つかるまでのちょっとしたお小遣い稼ぎや、スキルアップを図るのにもおすすめです!

まとめ:未経験ならアルバイトスタートがおすすめ

アルバイトは正社員と違って、未経験からWebデザイナーになれるハードがそこまで高くないので、学生や20代半ばからWebデザイナーを目指す人にはおすすめの手段です。

1人暮らしをしていて生活費的にアルバイトはきつい…という方なら、アルバイトの求人サイトに載っている派遣からスタートするのも有りだと思います。

ただ「登録しておきたいWebデザイナーにおすすめの派遣サイト」で紹介している派遣サイトだと、即戦力に近いレベルを求められることが多いのでややハードルが高いです。

また、スキルアップを図りたいという場合はクラウドソージングの利用もおすすめです。テーマや目的にあった依頼をされるので、実績を少しずつでも積むことができます。

実際、Webデザイナーの仕事は地味でやることが多いですが、実践してみないとわからないことも多いので、Webデザイナーを目指すなら諦めずに応募してみてください。

関連記事

30歳から未経験でWebデザイナーデビューした私がやったこと

職業訓練でWebデザイナーになれなかった私がやれば良かったと思った3つの事

会社を辞めたい…Webデザイナーの私が転職を考えた時にやった4つのこと

32歳主婦が未経験者からWebデザイナーになった方法

未経験でWebデザイナーになったものの実質クビでマーケに転職した話