転職エージェントを使って賢く就活!Web系におすすめの転職エージェント

転職サイトと転職エージェントとの違いは、転職サイトは自分で求人を探すの対し、転職エージェントはあなたに合う求人を探して紹介してくれることです。他にもキャリア相談や履歴書や職務経歴書の添削、面接対策から企業との面接のセッティングまで行ってくれるのが特徴です。

Webデザイナーの場合、知識やスキルが低い状態で転職エージェントを使っても仕事を紹介される可能性は限りなく低いですが、ポートフォリオや自分のWebサイトを作って転職の準備をしている段階まで来ているならとりあえず登録してみることをおすすめします。

転職エージェントにもITやWeb系に特化した転職エージェントがあるので、まずはそちらから順番に紹介していきます。

1.WORKPORT(ワークポート)


WORKPORTは転職相談実績35万人を誇るIT・Web業界専門の転職エージェントです。公開求人は全ての求人のうち30%で残り70%は非公開求人となっています。独占求人も多く持っているので、「他社で紹介して貰えなかった求人がワークポートでなら紹介して貰えた!」なんてこともあります。

未経験者の転職にも力を入れているので、親身になって相談に乗ってくれたりと、未経験者からの評判が良いエージェントです。未経験者で転職活動を初めている方は登録しておいて損はないでしょう。

オフィスは東京・横浜・埼玉・大阪・神戸・名古屋・福岡・仙台にオフィスを構えています。Webサイトで求人を探すことができるので、随時チェックしてみることをおすすめします。

未経験からの転職ならWORKPORT

2.レバテックキャリア

レバテックキャリアIT・Web業界のエンジニア・デザイナー専門サイトです。こちらも非公開求人が多くその割合は8割以上で、量・質ともに保有求人数は業界トップクラスです。業界に精通したキャリアアドバイザーがあなたのスキルと希望を元に今後の働き方を考えてくれます。

また、アドバイザーが現場訪問を繰り返しているので、企業風土・業務内容に詳しくリアルな現場の情報を聞くことができるのも嬉しいです。

ただ未経験者が応募しても紹介される企業がない可能性も高いので、ポートフォリオをある程度のクオリティまで仕上げ、万全の準備をしてから登録するのが得策です。

オフィスは東京と大阪にあるので、この地域で仕事を探している人は一度アドバイザーに相談してみると良いでしょう。

IT・Web業界での転職なら【レバテックキャリア】

3.リクルートエージェント

【リクルートエージェント】は圧倒的な知名度を誇る、リクルートが運営する転職成功実績No.1のリクルートエージェントです。

非公開求人数がなんと10万件以上もあり、その数は国内最大級です。Web業界専門ではありませんが、知名度と求人数の多さを考えてもここは利用しておきたいところです。

ただこちらも未経験者には少々ハードルが高く、ある程度のスキルがないと紹介される案件がありません。対策としては登録時にポートフォリオのクオリティを出来る限りだけ上げて、エージェントに「これなら未経験でも企業の力になれそうだ」と思わせることです。

なお、オフィスは東京、横浜、埼玉、千葉、宇都宮、静岡、名古屋、大阪、札幌、仙台、京都、神戸、岡山、広島、福岡にあるので、ポートフォリオを作成したら登録してみましょう。

転職成功実績No.1の【リクルートエージェント】

4.DODA

DODAはリクルートエージェントと併せて登録するという方も多いエージェントサービスです。電通バズリサーチ調べでは転職者満足度No.1を獲得しており、求人数や約80,000件の非公開求人の豊富さからみても利用しておきたいエージェントです。

こちらも未経験者にはややハードルが高いですが、非公開求人の多さから可能性は0ではありません。求人は4月前の2月〜3月、秋になる前の8月〜9月に増えるので、「今まで紹介して貰える会社がなかった」という方はその時期を狙ってみましょう。

オフィスは東京、横浜、名古屋、大阪、札幌、仙台、京都、神戸、広島、福岡にあるので、非公開求人の中から良い職場を紹介して貰えるよう、ポートフォリオを作成したら一度は利用してみてください。

非公開求人ならDODA

5.Geeekly(ギークリー)


GEEKLY(ギークリー)IT・Web業界に特化した転職支援会社です。リクルートキャリア社が主催する転職エージェントランキングで「紹介求人案件満足度部門」と「カウンセリング・対応満足度部門」の2つで1位を受賞しています。

オフィスが東京にしかなく首都圏の求人しか扱っていませんが、数多くの非公開求人を持っています。

求人検索の結果が0だったとしても、非公開求人の中に未経験可の求人が隠れている可能性があるので、まずは無料の転職相談で紹介してもらえる職場がないか相談してみましょう。

Webサイトには利用者の声である「転職者の声」も載っているのでこちらも参考にしてみてください。

IT・WEB・ソーシャルゲーム業界への転職ならGEEKLY

6.マイナビクリエイター


マイナビクリエイターは転職サイト大手のマイナビが運営する、Web・ゲーム関連職を専門とした転職支援サービスです。

大手なだけあり、業界・職種未経験OKの求人が豊富で、Webサイトには「ポートフォリオの作成ノウハウ」や「未経験者がWebデザイナーとして転職できる3つのケース」など求人情報以外にも転職に役立つ情報が満載です。

正社員以外にも契約社員や紹介予定派遣の求人も扱っており、紹介予定派遣から正社員になったWebデザイナーの方もいます。

クリエイティブ職の転職なら【マイナビクリエイター】

まとめ

転職エージェントを利用したからといって、確実に就職先が見つかるわけではありません。しかし、履歴書や職務経歴書の添削からあなにあった求人探しを代わりにしてくれ、面接対策までしてくれる転職エージェントを使わない手はありません。

いちいち登録するのが面倒かもしれませんが、自分で探すよりもより魅力的な求人先を見つけてくれる可能性があるのは確かなので、将来のためにもどんどん活用していきましょう。

そして未経験からWebデザイナーに転職するために重要なポイントとなるのは「ポートフォリオ」です。

「まあこんな感じかな」という出来ではなく「今の精一杯の力をまとめた」「うまく出来た」と思えるようなクオリティのポートフォリオを用意することが転職成功への秘訣です。最初に紹介したWORKPORTのサイトにもポートフォリオに関するページがあるので、こちらを参考にしてみてください。

いつ、どんなところであなたにあった企業に出会うかは分かりません。多くの情報を取り入れ、後悔のないようWebデザイナーへの夢を掴んでください。

関連記事

未経験からWebデザイナーを目指す人におすすめの転職サイト7選

アルバイトやパートにおすすめの求人サイト

登録しておきたいWebデザイナーにおすすめの派遣サイト