Web制作会社の仕事内容とメリットデメリット

Webデザイナーの主な3つの働き方として、フリーランスとして働く、Webサイト制作会社に勤務する、企業の社内Webデザイナー(インハウスWebデザイナー)として働く、という話を「インハウスWebデザイナーの仕事内容とメリットデメリット」で紹介しました。

今回はその3つの中から、Webサイト制作会社に務めた場合の仕事内容やメリットデメリットについてお話しします。

Web制作会社とは

Web制作会社は、「うちのサイトを作って欲しい」「今あるサイトをリニュールして欲しい」と企業から依頼されて制作を引き受ける会社のことです。

企業から直接、制作についての問い合わせや依頼がくることもありますが、仕事の依頼が来ないと会社の収益を得ることができないため、営業をかけて受注をもらう会社もあります。

客となるクライアント先は1つではなく、飲食店やメーカー、小売サイトまで様々な企業がいます。

Webデザイナーの仕事内容

Web制作会社ではまず、ディレクターがクライアントにどういうサイトを作りたいか、目的は何かをヒアリングします。その内容を元に、クライアントの希望や要望に沿ってサイトを作り上げるのがWebデザイナーの仕事になります。

また、依頼は新規サイトの制作だけではなく、既存サイトのリニューアル依頼がくることもあります。別の制作会社で作ったサイトを「コンサル料混みで代金を払っているのに、こっちが言ったことしか対応してくれない。もっとユーザーに満足してもらえるサイトにしたい」という理由から依頼があったりと、依頼内容は様々です。

Web制作会社で働くメリット

サイトを一から制作できる

企業の社内Webデザイナーの場合、すでにサイト自体はあるため新規ページや特集ページなど単発ページを制作する仕事が多く、一からサイトを作る機械は滅多にありません。

逆にWeb制作会社の場合だと、社外の様々な企業からサイトの制作依頼がくるので、様々なサイトを一から制作することができます。「単発ページの制作ばかりじゃ物足りない」「一からサイトをたくさん作りたい!」と思っている人には最大のメリットといえます。

色んなジャンルのサイトが作れる

他のサイトを見て「このデザイン良いなー自分も試してみたいな」と思った際、自社サイトではテーマカラーや自社ルールが既に決まっているため簡単に試すことは出来ませんが、制作会社の場合は新規依頼の内容やコンセプトがそれに合っていれば試すことができます。

企業の社内Webデザイナーの場合、見た目のかっこよさよりも売り上げの上がるデザインを求められますが、制作会社のクライアントは利益よりも自社ブランドの宣伝として、お洒落な感じやかっこいい感じのサイトを求めてくることがあります。

Web制作会社で感じるデメリット

残業が多い

「いつも終電で帰る」「残業100時間越えは当たり前」という声が多いのは、制作会社に勤めるWebデザイナーからがほとんどです。もちろん、全ての制作会社がそうではありませんが、企業の社内Webデザイナーに比べると残業は多いです。

残業については「多いと言われるWebデザイナーの残業理由3つ」の記事でも書いたので、こちらも参照にしてみてください。

長く働くことが難しい

長時間労働による疲労とストレスで、25歳を越えたくらいから精神や身体に影響が出てくる人が出てきます。Web制作会社からの転職理由が「身体を壊したから」という人はそう少なくありません。

Web制作会社に長く勤めたいと考えている方は、残業がほとんどない会社を探すのがベターな方法ですが、就職の幅が狭まるので難しいところです。

Web制作会社はこんな人におすすめ

  • 一企業のサイトに限らず、色んなサイトを作りたいと思っている人
  • 自分のセンスが発揮されるような、お洒落なサイトを作りたいと思っている人
  • 残業が100時間越えても良いと思える人
  • 残業に耐えれる体力のある人(主に20代)

Webデザイナーの仕事は毎パソコンの前にいて、息が切れるような体力を失うことはありませんが、デザインやコーディングを考えるために頭をよく使います。

英国ケント大学で運動生理学を研究するSamuele Marcora教授が中心となって行なわれた研究によると、頭を使うと実際に体力を消耗することがわかっています。

20代の頃は長時間パソコンの前にいてもなんともなかったのに、30歳を越えると目の疲労からくる頭痛を感じるようになったり、腰痛とまではいかなくても腰に違和感を感じることがしばしば出てきます。

しかし、Web制作会社は常に最新の技術やデザイン・流行をサイトに活かせることができるので飽きの来ない楽しさがあります。幅広く色んなサイトを作りたいと思っている、残業に耐えれるタフさのある方にはWeb制作会社はおすすめです。

まとめ

以上、Web制作会社の仕事内容とメリットデメリットの紹介でした。「インハウスWebデザイナーの仕事内容とメリットデメリット」と比べて、自分に合った働き方が見えてきたのではないでしょうか。

未経験者にとってどちらが就職しやすいかというと、求人サイトを見る限りでは企業の社内デザイナーであるインハウスデザイナーの方が未経験可が多いですが、それも時期やタイミングによって異なってきます。また、新卒ならWeb制作会社の求人も未経験可として募集しているところをよく見かけます。

日頃から求人サイトをチェックして、いつでも自分が応募できるようスキルを磨いておくと良いかもしれませんん。

Webデザイナーにおすすめの求人サイトを知りたい人は「おすすめの求人転職サイト6選」も参照にしてみてください。

関連記事

多いと言われるWebデザイナーの残業理由3つ

サイト制作に関わるWebデザイナー周りの部署や職種

自分は向いている?Webデザイナー適性チェック

インハウスWebデザイナーのある1日の流れ

インハウスWebデザイナーの仕事内容とメリットデメリット

何歳までならWebデザイナーになれる?未経験者の年齢制限