Webデザイナーとは?仕事内容と知っておきたい3つの働き方

「WebデザイナーってWebサイトを作る人というイメージはあるけど、実際の仕事内容についてはよく分からない!」と思う人も多いですよね。

そこで今回は、実際にWebデザイナーがどんな仕事をしているのか、初心者の方にも分かりやすく簡単にまとめてご紹介します。

Webデザイナーとは

Webデザイナーは、Webサイトをデザインし作成する仕事のことです。

具体的には、クライアントから依頼された内容を元に、サイトの雰囲気や見せ方をイメージしてどういうデザインがユーザーにとって良いかを考えます。

中にはWebデザイン専門で、コーディングをしない人もいますが(逆のパターンもあり)多くのWebデザイナーは、デザインからコーディングまでを一括して行います。ちなみにコーディングとは、デザインしたサイトがWeb上で見れるように構築する作業のことです。

新築の家で例えると、設計図(デザイン)はあっても、それを大工さんが施工して家を建造してくれるまでは、住むことは出来ないですよね?Webサイトの場合も、それを多くの人に見てもらうにはデザインだけではなくWebサイトの骨組みを作るコーディング作業が必要となるのです。

コーディングにはHTMLやCSSという技術が必要になり、それらを駆使して大工さんが家を造るようにWebサイトを作って、デザインで見栄えを良くしていくのがWebデザイナーなのです。

Webデザイナーの仕事内容

働き方によって仕事内容は若干増えたり減ったりもしますが、大体下記のとおりです。

1.サイトの企画内容について打ち合わせする

サイトの企画内容やターゲットについてWebディレクターと打ち合わせをします。制作会社の場合は、クライアントの元にWebディレクターと一緒にデザイナーが同行してヒアリングをする時もあります。

2.サイトのレイアウトを考える

どこに何を配置するかを決めます。いわゆるサイトの設計図こと、ワイヤーフレームの作成です。この時はまだ色やデザインは考えてなくて構いません。このワイヤーフレームの作成は会社によってはディレクターが行ったりもします。

3.サイトのデザインを考える

作成したレイアウトを元に、デザインを制作していきます。デザイン案が出来たらまずは上司やディレクターに確認してもらい、問題なければクライアントにも確認してもらいます。おそらくここで修正が入るので、何度か調整して進めていきます。

4.サイトをコーディングする

デザイン案にOKが出たらコーディング作業に移ります。HTMLでマークアップしCSSでサイトの見栄えがよくなるように装飾していきます。出来上がったらPCやスマホなどを使って、デザイン崩れやリンク忘れがないかをチェックしていきます。

フリーランスや制作会社ならクライアントがOKを出せば、企業のデザイナーなら社内からOKが出れば完了です。

他にもマーケティングを行ったり、ディレクション業務を行う人もいるので、仕事内容は会社によっては多岐に渡ります。

Webデザイナーの働き方

Webデザイナーの働き方は大きくわけて3種類あります。

  • フリーランスのWebデザイナーとして働く
  • Webサイト制作会社で働く
  • 企業の社内Webデザイナーとして働く

1つ目のフリーランスのWebデザイナーは、自らが営業行って仕事を貰うか、知人や友人からWebデザインの仕事を貰って働く方法です。自分の得意なジャンルを中心にWeb制作を請負う人から、ジャンル関係なく何でもこなす人まで様々います。

2つ目のWebサイト制作会社は、受託案件で分かりやすくいうと依頼されてWebサイトの制作を引き受ける会社のことです。飲食店や女性向け、小売サイトまで様々な業界のWebサイトの依頼を引き受け制作します。

関連記事「Web制作会社の仕事内容とメリットデメリット

3つ目の企業の社内Webデザイナーは、いわゆる「インハウスWebデザイナー」と呼ばれ、勤めている会社が提供しているサービスのWebサイトをデザインしたり制作するためのWebデザイナーです。Webサイトのジャンルは企業によってそれぞれ異なります。

関連記事「インハウスWebデザイナーの仕事内容とメリットデメリット

Webデザイナーになるには

未経験者がWebデザイナーとして就職するには主に2つの方法があります。

1つ目はWebデザインのことが学べる専門学校や大学に行って企業に就職する方法です。社会人でも自分に見合ったスキルや期間を選択して勉強できる、Webデザインのスクールに行って勉強することが可能です。

関連記事「オンラインでWebデザインが学べるスクール&学習サイト7選

2つ目は独学で勉強して、Webデザイナーの求人に応募する方法です。学校で学んである程度のスキルがある人とは違って、独学で未経験者がWebデザイナーになるのは少々難しいのですが、未経験可の求人を探して応募すれば就職できる可能性も十分あります。

学校に行っても同時に独学で勉強することになると思いますので、将来Webデザイナーになりたい!と考えている方はこちらの記事も参考にしてみてはいかがでしょうか。

関連記事「独学でWebデザイナーの勉強をしたい初心者におすすめの本

いずれはフリーランスになりたいと思ってWebデザイナーを目指す人も多いのですが、どこにも勤めず最初からフリーランスになれるのは、スキルも営業力もある限られた人だけでハードルもとても高いです。

フリーランスになるにはまずWebサイト制作会社か、企業の社内Webデザイナーとして経験を積んでからフリーランスを目指すと良いでしょう。

まとめ

以上、Webデザイナーについての紹介でした。Webデザイナーの世界について少しでも理解できたでしょうか?

Webデザイナーの仕事内容は、フリーランスか制作会社勤務か企業の社内Webデザイナーか、でも多少異なってくるのでまた別途詳しく紹介していきたいと思います!

関連記事

何歳までならWebデザイナーになれる?未経験者の年齢制限

多いと言われるWebデザイナーの残業理由3つ

Web制作会社の仕事内容とメリットデメリット

自分は向いている?Webデザイナー適性チェック

サイト制作に関わるWebデザイナー周りの部署や職種

インハウスWebデザイナーのある1日の流れ