Webデザイナー未経験者に知ってほしい求人で探す時の職種

Webデザイナーといえば、サイトのデザインもコーディングもやる仕事というイメージがありますよね。Web業界に入る前は、私もWebデザイナーは1人で全部するものだと思っていました。

しかし会社によっては、1人で全部仕事をこなす会社もあれば、作業を細かく分業化している会社もあるのです。

実際に私が居た会社でも、1人でデザインからコーディングをする職場もあれば、社内にデザイナーがおらず(外部の業者に注文)、コーディングだけをする職場もあったりと多種多様なのです。

ここでは、これから求人サイトなどでWebデザイナーの仕事を探そうと思っている方に、Webデザイナーとして可能性のある働き方の特徴をご紹介します。

Webデザイナー

Webデザインとコーディングを兼ねるタイプです。求人もこのタイプが一番多く、デザインの提案から制作までを担当することができます。ワイヤーフレームだけはWebディレクターが作成する、という職場もありますが、「Webデザインもコーディングもどっちも極めたい!」と思う人は迷わずWebデザイナーを選べば良いでしょう。

ただ、職場によっては+αで文章作成を行ったり、制作したWebサイトの効果測定や検証から改善など、Web制作とは別の仕事を任せられることもあります。

それらのスキルを持つことは将来の選択肢が増え職場からの評価も上がりますが、「Webデザイナーになれるなら他の作業も何でもやる」、と思うよりもあなたの見据える将来に必要なスキルを中心に習得できる職場を選んだ方が良いでしょう。

Webデザインの仕事がしたかったのに、気づけば他の作業の方が多くなっている…ということにも成りかねません。

HTMLコーダー

Webデザインとコーディングを兼ねるタイプの次に多い求人がこのHTMLコーダーです。Webサイトやページのデザインをすることはなく、外部の人間やディレクターが作ったデザインラフを元にWebサイトやページをコーディングするだけになります。

コーディングは好きだけどWebデザインはあんまり…と思っている人は、HTMLコーダーを極めてみてはどうでしょうか。求人サイトで「HTMLコーダー」と検索すると募集中の求人が出てくるはずです。

また、HTMLコーダーの上位的な位置にはマークアップエンジニアやフロントエンドエンジニアという職種がいます。

簡単に説明するとマークアップエンジニアとは、コーディングでより高スキルなJavaScriptやPHPを用いた実装が求められる職種で、フロントエンドエンジニアは更に豊富な知識とスキルが求められる、Webデザイナーよりもプログラマーに近い職種です。

プログラミングに強いWebデザイナーはそれほど多くはないので、JavaScriptやjQuery、PHPが扱えるようなコーダーは重宝されキャリアアップにも繋がります。将来的にプログラミングも極めたいと思っている人はHTMLコーダーという選択肢もおすすめです。

デザイナー

稀にですが、Webサイトやページのデザイン専門の求人があります。社内でデザイナーとHTMLコーダーが完全に分業されている職場や、急がしくてコーディングは外注に回している会社からの募集です。

私がいた職場では、アートディレクターがディレクター業と兼ねてデザインを行ったり、マーケティングディレクターがページのデザインを行っている職場も中にはありました。

Webデザイナーになりたい人の場合、「Webデザインだけをやりたい」という人は少ないと思いますが、実際にWebデザインの勉強をしていてデザインは得意だけどコーディングがどうしても苦手と感じたなら、デザイナーもしくはアートディレクターを目指すのも有りです。

まとめ

Webデザインは「デザインもコーディングも両方やるのが面白い」という人もいれば、「どちらかだけしかやりたくない」と感じる人もいる職業です。

そして、それらを両方できる職場もあれば、片方だけをやれる職場もあることをWebデザイナーに転職するにあたって知っておいてください。「コーディングは好きだけどWebデザインは苦手だからWebデザイナーの夢を諦めよう」なんて思わなくても良いのです。

将来フリーランスを目指す場合、「Webデザインとコーダー、両方のスキルがないとやっぱり無理なの?」と思うかもしれませんがそうとも限りません。前の職場の先輩は、デザインが得意な人と組んでHTMLコーダーとしてコーディングをメインにフリーランスで仕事をしています。

あなたが将来、どういうWebデザイナーになりたいのか?好きな作業は何なのか?ということを考えて求人を探すのが、将来なりたい自分になるための一番の近道です。それが応募する際の志望動機にも繋がるので、焦らず慎重に一度ゆっくりと自分の将来を考えてみてください。

Webデザイナーにはなりたいけど、将来がまだよく分からないという方はとりあえずWebデザインとコーダー両方を兼ねたWebデザイナーを目指すと良いでしょう。一度Webデザイナーになれれば、その後の転職もしやすいです。

周りに左右されずに自分にあった働き方を見つけてくださいね。

関連記事

資格はWebデザイナーになるために本当に必要なのか考える

派遣で働くWebデザイナーはデメリットよりもメリットが大きい

派遣はWebデザイナー未経験でも仕事が決まりやすいって知ってた?

長所が分からないなら知ればOK!自分の長所を客観的に見つける方法【グッドポイント...

転職エージェントはWebデザイナー未経験者も使うべき!その理由とメリット

Webデザインの職業訓練で面接に受かるための6つのポイント