【東京】派遣のWebデザイナーの平均時給を派遣会社別に調べてみた

時給や残業の多さによっては正社員よりも稼げると言われているWebデザイナーの派遣ですが、平均的な時給はいくらかご存知ですか?

Webデザイナーの求人を扱う派遣会社はいろいろありますが、リクルートスタッフィング、テンプスタッフ、パーソナルテクノロジースタッフ、アデコ、マイナビスタッフの5社から平均時給を調べたところ「1,808円」でした。

その内訳を簡単にですが紹介していきます。

各派遣会社のWebデザイナー平均時給

リクルートスタッフィングの平均時給

リクルートスタッフィング平均時給は約1,900円でした。(2018年12月現在)

まずお仕事検索から「クリエィブ」を選択し、Webデザイナー・コーダーから求人数を確認してみると240件あり、最低時給は1,550円〜、最高時給は3,000円〜でした。

時給別に件数を調べると1,550円〜が4件、1,600円〜が10件、1,700円〜が28件、1,800円〜が54件、1,900円〜が62件、2,000円〜が62件、2,500円〜が18件、3,000円〜が2件といった内訳になり、特に1,800円〜2,000円〜の求人が多いということがわかります。

テンプスタッフの平均時給


テンプスタッフ平均時給は約1,817円でした。(2018年12月現在)

仕事を検索する際、職種にIT・デザインがありますが、WebデザイナーはないのでWEBクリエイター検索したところ422件該当しました。

そのうち、Web制作をメインまたは業務の半分以上とする求人は255件で、最低時給は1,550円、最高時給は2,500円でした。

時給別に件数を調べると1,550円〜が3件、1,600円〜が24件、1,700円〜が63件、1,800円〜が63件、1,900円〜が57件、2,000円〜が42件、2,500円〜が3件で、特に1,700円〜1,900円〜の求人が多いです。

パーソナルテクノロジースタッフの平均時給


パーソルテクノロジースタッフ平均時給は約1,780円でした。(2018年12月現在)

職種を選ぶ>Webデザイナー・コーダー>から探してみると178件あり、最低時給は1,500円〜、最高時給は2,300円〜でした。

時給別に件数を調べると1,550円〜が1件、1,600円〜が18件、1,700円〜が64件、1,800円〜が51件、1,900円〜が21件、2,000円〜が23件で、特に1,700円〜1,800円〜の求人が多いです。

アデコの平均時給


アデコ平均時給は約1,800円でした。(2018年12月現在)

職種>Webデザイナー・ディレクター・制作>から探してみると235件あり、そのうちWeb制作をメインまたは業務の半分以上とする求人は101件で、最低時給は1,550円〜、最高時給は2,500〜円でした。

時給別に件数を調べると1,550円〜が1件、1,600円〜が15件、1,700円〜が25件、1,800円〜が29件、1,900円〜が25件、2,000円〜が14件、2,500円〜が2件で、特に1,700円〜1,900円〜の求人が多いです。

マイナビスタッフの平均時給


マイナビスタッフ平均時給は約1,743円でした。(2018年12月現在)

職種>クリエティブ系>Webデザイナーで探してみると48件で、最低時給は1,600円〜、最高時給は2,000〜円でした。

時給別に件数を調べると1,600円〜が8件、1,700円〜が22件、1,800円〜が11件、1,900円〜が3件、2,000円〜が4件で、特に1,700円〜の求人が多いです。

件数は少ないですが、ここにしかない求人もあるので見逃さずにチェックしておきたいサイトです。

5サイトの平均時給

この5サイトの平均時給を足して5で割ると「1,808円」でした。最低時給が1,550円、最高時給が3,000円で、3,000円越えの求人は今回はリクルートスタッフィングでしか見当たりませんでしたが、日々求人は変化しているので他の派遣サイトでも出てくる可能性はあるでしょう。

ちなみにその3,000円越えの募集はフロントエンジニアでした。

時給に差が出る理由

それはずばり、仕事内容やスキルの違いです。

1,500円〜ではPhotoShopやIllustratorを使ったデザインとHTMLでコーディングができるスキルが最低限求められます。中には新規作成の少ない、簡単な修正や更新・バナー作成がメインといった求人もあります。

1,800円〜ではサイトやページの改修、レシポンシブ対応、データ集計や分析、印刷物の作成などWebデザイン以外の仕事が求められることが増えます。支持されたことだけをするのではなく、派遣とはいえ自分で考える応用力が求められる求人が多くなります。

2,000円を超えるとJavaScriptやPHPを利用した実装を求められることが多くなります。マークアップエンジニアやHTMLコーダーの上級とも言えるフロントエンジニアの募集や、Webディレクターやグラフィックデザイナーの作業も+で仕事内容に入ってくる募集がほとんどになります。

未経験者が狙う平均時給と注意点

1,500円〜1,800円の範囲です。1,800円も正直厳しいですが、稀に未経験者OKの求人があるので、念のためチェックしてみると良いでしょう。

また、各サイトで検索する際は「未経験歓迎」にチェックをせずに、フリーワードを入力する欄で「未経験」と検索した方が件数が多く出ます。「歓迎」ではないけれども「未経験でもOKだよ」という企業がいるからです。

未経験者はWebデザイナーで検索する際に、時給を1,800円以内に絞って探してみましょう。それでもまだ多くて探しにくいなと思ったら「未経験」で検索すると良いです。ただ「未経験」の求人は少ないので、派遣の来社登録をしてコーディネーターに直接相談するのがベストです。

何故なら、未経験で良さげな求人があったとしても、応募の前にエントリーという「この仕事に応募したいです」というリクエストを派遣会社にする必要があるからです。そしてそれは必ず通るわけではありません、審査があります。

あなたのスキルや経歴を見て派遣会社が問題ないと思えば応募できるのです。自分よりもスキルのある人が同時にエントリーしていた場合は応募を見送られる場合があります。

1日以内に連絡がくる場合もあれば一週間経っても連絡が来ない会社もあるので、そんなもどかしい時間を待つくらいなら来社登録で相談するのが一番です。

東京の平均時給についてのまとめ

Webデザイナーの平均時給は調べた5サイトだと「1,808円」になりましたが、これは中級者の時給といえます。初心者や最低限のスキルしかない場合は1,600円前後になり、経験が多くスキルをたくさん持っている人だと2,000円を軽く超えるでしょう。

時給を増やしたい人は、スキルを身につけることが一番の近道なので、初心者なら次は時給1,800円台を目指し、中級者なら2,000円台を目指しスキルアップに励んでみてはいかがでしょうか。

各時給でどんなスキルがある人を求めているのかをチェックして、それに見合ったスキルを取得していきましょう。

関連記事

派遣で働くWebデザイナーはデメリットよりもメリットが大きい

派遣はWebデザイナー未経験でも仕事が決まりやすいって知ってた?

Webデザイナー未経験者に知ってほしい求人で探す時の職種

Photoshopをよく使う6つの仕事【好きを仕事に】

未経験からWebデザイナーに応募する人が書類選考で受かる4つのポイント

転職に必須となるポートフォリオサイトの作り方